JSAC 日本分析化学会

 
 

第60回機器による分析化学講習会・その2

第2回「電池の機器分析化学から機器分析を考える」


プログラム(pdf版)

主 催  日本分析化学会近畿支部、近畿分析技術研究懇話会
協 賛  近畿化学協会、日本化学会近畿支部、電気化学会関西支部、有機合成化学協会関西支部ほか 
 
リチウムイオン電池は日本発の科学技術であり,世界に先行して技術開発がなされてきた。近年,アジアの工業国の追い上げもめざましいものがあり,常にイノベーションをしていくことにより厳しい競争を生き残ろうとしている。電池のパフォーマンスを上げるためには,多面的な解析により,現実に何が起こっているのかを見極める必要がある。例えば,固体電極と電解液界面でのイオン移動・電子移動が全体のパフォーマンスを決定するならば,界面現象を,in-situに測定するような機器分析がキーポイントとなるであろう。本講習会では,電池における機器分析から学ぶことにより,新たな分析化学への道を開くことを目的とする。
 
期 日 平成25年7月26日(金)10:00~17:30
会 場 大阪科学技術センター  4階401号室
(大阪市西区靭本町1-8-4、電話06-6443-5324)
<交通>地下鉄四つ橋線「本町」駅25・28番出口より北へ徒歩約7分、うつぼ公園北詰.
http://www.ostec.or.jp/data/access.html
講 演    1.リチウムイオン電池と機器分析化学(10:00~11:00)(京大院工)安部武志
2.RamanおよびAFMによる黒鉛負極のin situ反応解析(11:00~12:00)(同志社大理工)土井貴之
3.中性子散乱による機器分析中性子散乱(13:00~14:00)(高エネルギー加速器研究機構)神山 崇
4.第一原理計算・電子顕微鏡・SPMを連携させたリチウムイオン電池材料の分析・解析(14:00~15:00)(産総研)田中真悟 
5.NMRによる電池反応のin situ解析(15:00~16:00)(京大産官学連携)村上美和  
6.放射光XAFS・XRD計測によるin-situ機器分析(16:00~17:00)(京大院人間・環境)内本喜晴 
7.総合討論(17:00~17:30) 
参加費 ・主催・協賛団体所属会員10,000円
・主催・協賛団体所属学生会員2,000円
・会員外20,000円
・会員外学生5,000円
(何れもテキスト代、消費税を含む)
申込方法  セミナー名「第60回機器による分析化学講習会(第2回、7/26開催分)」を題記し、1)氏名,2)勤務先(所属),3)連絡先(住所.郵便・電話・FAX、E-Mail)、4)会員資格を明記し,参加費{銀行振込(りそな銀行御堂筋支店普通預金No.2340726,名義 公益社団法人日本分析化学会近畿支部)}を添えて下記へお申し込み下さい。
・参加決定者には7月中旬に参加証を送付します。
問合・申込先 (公社)日本分析化学会近畿支部
550-00004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センター6階 〔電話:06-6441-5531,FAX:06-6443-6685,E-mail:mail(atmark) bunkin.org〕
 
(C) Copyright The Japan Society for Analytical Chemistry, The Kinki Branch